地域に貢献し、地域と共に生きる。「より良いモノをより早くつくる」をモットーに、災害復旧工事から「モネの庭」まで幅広い分野の土木工事を施工しています。

有限会社礒部組
会社案内
礒部組-最新現場情報
主な施工実績
三方良しの公共事業
リンク集
お問合せ
ホーム
line
三方良しの公共事業
施工実績
  • 台風直撃で現場が埋没
  • 施設災第4号
    弘瀬林地荒廃防止施設災害復旧工事
    工期 2007年1月27日〜2007年11月30日
  • 施工実績
  • この工事は高知県安芸郡北川村弘瀬において、2006年に豪雨により土石流が発生した国道493号線山手側の渓間に、高さ9mのコンクリート谷止工を3基施工するものであった。

    工事が順調に進んでいた7月14日、大型の台風4号が直撃。今回の施工区域上流から大量の土砂が流出した。工事現場はもちろん、現場に隣接する国道493号線まで土砂は流れ出し、交通は完全にストップした。

    この災害の復旧作業により、本工事は中断することになったが、いたずらに工期を延期するのは事業の目的を考えても得策とは思えず、逆に元の工期内での工期短縮にチャレンジすることとした。

    この工事ではCCPM工程を発注者とともに作成し、その際に発生が予想されるリスク等を話しあっていたため、災害による問題をはじめ、様々な問題・課題に即座に返答がもらえ、ロスのない工事が可能となった。

    最終的に工事は工期を10%短縮することができ、山腹を早く安定させることができた。そのことによって住民の方々にできるだけ早く、安心して国道を使用してもらえるようになった。

    工事完成時には地域の方から感謝の言葉をいただき、公共事業を通して「地域貢献」できたことをうれしく感じた。
    現場代理人  礒部 英俊
  • 目的
  • 山腹を安定させる
    斜面の崩壊を防ぐ
    工期を短縮する
    よいものをつくる
    地元住民の安全を守る
    無災害を達成する
    礒部組の技術力をアップする
    礒部英俊が一人前になる
    地域とのコミュニケーションを図る
  • 成果物
  • 良質なコンクリート建造物
    完成度の高い書類
    一人前になった礒部英俊
    美しい建造物
    地元との信頼関係
    発注者との信頼関係
  • 成功基準
  • 工期内検査
    利益率5%アップ
    企規格50%以内
    災害ゼロ
    工事評点80点以上
    技術部長におごってもらう
    地域からのクレームゼロ
  • リスク
  • 大雨により地山の崩壊が発生する
    構造物にクラックがはいる
    仮設防護柵撤去後の安全対策
    現場(作業用通路等)が土砂崩壊で埋まる
会議 地元の方への工事説明 工事完成
CCPM工程会議 地元の方への工事説明 工事完成
ページのトップへ
copyright